外国人実習生の死者数、4年間で15人少なく 法務省の資料に差異

法務省が野党に公開した外国人技能実習生の死者数に関する資料が、厚労省が委託事業でまとめた調査資料よりも少ない数値になっていることが、BuzzFeed Newsの調べでわかった。【BuzzFeed Japan / 籏智広太、貫洞欣寛】

この記事はヤフで取りました:

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00010000-bfj-soci&p=1


2010年からの8年間で174人にのぼっているとしていた。ただ、厚労省の委託で日本国際研修協力機構(JITCO)がまとめた資料との差異があり、比較可能な4年間でも15人少なくなっていた。

死者数については12月12日、法務省から資料を入手した立憲民主党有田芳生参議院議員Twitterで公開。BuzzFeed Newsも同様のものを入手した。

JITCOの出している白書などと、法務省の数字(年度ごと)を比較すると以下のようになる。

2013年度 JITCO:27人 法務省:18人
2014年度 JITCO:34人 法務省:32人
2015年度 JITCO:30人 法務省:28人
2016年度 JITCO:28人 法務省:26人
2017年度 JITCO:30人 法務省:7人(11月まで)


年度ごとに比較できる2013~16年度の4年間では、JITCOの資料では119人だが、法務省では104人で、15人少なくなっている。

JITCOの調査は厚生労働省の委託で実施されていたもの。野党側は、12月13日に実施されたヒアリングでこの差異について指摘したが、法務省から明確な回答はなかったという。

法務省の担当者はBuzzFeed Newsの取材に対し、「実習生が死亡した場合は、監理団体や企業から各地の入国管理局に報告するよう求めている。野党に示したのはそれを基にしたものだ」としたうえで、「なぜJITCOの数字と違うのかは、調査中」と答えた。

下着のHP:https://www.qoo10.jp/shop/c906138

 

法務省のデータ、過去にも…

法務省をめぐっては、衆議院参議院の法務委員会の附帯決議に基づいて実施された、失踪経験のある実習生2870人へのヒアリングでも、そのずさんさが指摘されていた。

同省入国管理局は当初、これに基づき失踪動機で最も多かったのは「より高い賃金を求めて」で87%だったなどと説明していたが、本当の最多は「低賃金」で67%を占めていたことが判明。

調査のずさんさが浮き彫りとなり、そもそも非公開だった聴取票は野党側の要望を受ける形で、「閲覧」が認められることになった。

ただ、同省側は「プライバシー」「今後の調査への支障」などを理由に「閲覧」だけを認め、コピーを禁止。野党議員が手分けして2870人分全てを「書き写す」作業に追われた。

 

死亡事案の実態は

法務省の資料によると、国籍は▽中国98▽ベトナム46▽インドネシア12▽フィリピン6▽タイ4▽ミャンマー3▽モンゴル3▽ラオス2の計174人。

うち20代が118人で、溺死が25人、自殺が12人、凍死が1人。以下のように、死亡原因が細かく記されているものもある。

東日本大震災津波に巻き込まれて溺死した(中国28歳、24歳男性2人、牡蠣養殖)
ロープが絡まり漁具とともに海中に落下、そのまま行方不明になってしまった(インドネシア19歳男性、漁船農業)
水道管の工事中に生き埋めになった日本人従業員を助けようとして巻き込まれた(フィリピン28歳男性、配管)
パソコン用LANケーブルで首を吊って自殺していた(フィリピン33歳男性、夫人子供服製造)下着のHP:https://www.qoo10.jp/shop/c906138

溶接中の爆発(中国22歳男性、溶接)や鉄骨が崩れて下敷きになった(中国19歳男性、溶接)、鍛造用プレス機に挟まれた(ベトナム22歳男性、鍛造)など、作業中の事故に巻き込まれて亡くなっているケースも多く散見される。

また、凍死していたのは耕種農業に従事していた中国人の28歳男性だが、その詳細は記されていない。

外国人実習生の労災死比率は、10万人当たり年平均で3.64人で、日本の雇用者全体の労災死の比率は1.73人(2014~17年平均)を大きく上回っていることが厚労省のまとめで明らかになっている。

政府・与党は12月8日に改正入管法を成立させたが、この審議過程で実習生制度が抱える問題点が浮き彫りとなったと言える。

なお、JITCOがまとめた死亡者数のデータは2008年度、13~15年度分がサイト上にアップされていたが、12月11日に削除されていたことがBuzzFeed Newsの取材で明らかになっている。

JITCOは、入管法改正に合わせて削除した意図はない、としている。

 

下着のHP:

www.qoo10.jp

女優にも“30歳の壁”、濡れ場もいとわぬ大人の女性へ…清純派から脱皮の必要性

今期のドラマが次々にクライマックスを迎えている現在。多くの人気女優がしのぎを削り、話題になったトピックも多かった。そんな中で、とくに目立ったのが『獣になれない私たち』(日本テレビ系)の新垣結衣と、『大恋愛~ぼくを忘れる君と』(TBS系)の戸田恵梨香の“色気”ある演技だ。前クールでも、石原さとみがベッドシーンを演じて注目を浴びたことが記憶に新しい。第一線で活躍する人気女優である彼女たちも、いよいよ30代に突入。清純路線からの脱皮を図っているように見える。かつて女子アナには“30歳定年説”がささやかれていたが、女優にも“30歳の壁”は存在するのだろうか。

 

この記事はヤフで取りました:

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00000320-oric-ent

 

【写真】30代の肉体美に称賛、深田恭子のみずみずしい美ボディ

■新垣、戸田、石原…人気女優たちがそろってきわどい演技に挑戦

 新垣結衣(30歳)と言えば、同性にも愛される可愛らしい笑顔がトレードマークの人気女優。恋愛モノへの出演も多く、特に2016年放送の『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)は社会現象化もしたが、“大人の関係”っぽくないことが主題のドラマだけに、ベッドシーンなどは皆無。清純派というよりむしろ“潔白派”とでもいうべき孤高の存在に思われた。

 今期の『獣になれない私たち』でも、何度も相手役の恒星(松田龍平)の自宅に泊まりに行っては“ついに…⁉”という場面があるものの、のんびりとゲームに興じたり、どちらかが先に寝てしまったりと、“やはり一線は超えないのか”といった展開。ところが先日放送の第9回ではリアリティあるベッドシーンを演じ、「晶(新垣の役名)、てか、ついにガッキーが…!」とSNSでも大反響を呼んだのである。

 戸田恵梨香(30歳)もかねてから個性的な役柄で、自分をしっかり持っている“強い女”的なポジションの役が多い。深夜ドラマ『書店員ミチルの身の上話』(NHK総合)ではそういった場面もあったが、最近のプライム帯では“色気”にはほぼ無縁といった印象が強かった。ただ今期の『大恋愛』は、産婦人科医という今まで通りのハイレベルな職業に就きながら、若年性アルツハイマーを患うという重めの内容。だが、初回からムロツヨシを導いてのベッドシーン、物語後半には妊活とおぼしきイチャイチャ描写があったりと、今までの戸田らしからぬ役柄を演じながらも、その悲愛ぶりで多くの視聴者の涙を誘っている。

 そして、同世代の女優の中では“色気”をウリにしてきた感もある石原さとみ(31歳)だが、意外にも直球なベッドシーンは少なく、“何となくソレっぽい”印象を与えるイメージシーンがあったくらい。しかし前クールの『高嶺の花』(日本テレビ系)では、童貞設定の直人(峯田和伸)をベッドに押し倒すと、「あなたの最初で最後の女になる。もしも(自分を)裏切ったら…ちょん切るから」とまで言い放ち、かなり奔放な女性を演じて見せたのだ。

■上戸や深田も30歳前後に“脱皮”、既存のイメージを破る

 こうしてみると、若手女優はやはり30歳を過ぎると既存のイメージを覆すため、ベッドシーンに挑戦するのかと安易に想定もできるのだが、先輩たちの“前例”はどうだったのか? 上戸彩(33歳)は28歳時の2014年、『昼顔』(フジテレビ系)でダブル不倫に溺れる人妻役を熱演。それまでの元気で爽やかなイメージをぶち壊す妖艶な演技を披露し、女優としての脱皮どころか、それまでの上戸彩に比せばはるかに女優の“格”が上がった感があった。

 深田恭子(36歳)は、映画『ヤッターマン』(2009年)でセクシー衣装のドロンジョ役もあったが、あくまでキャラの延長線上。本格的にベッドシーンに挑戦したのは『セカンド・ラブ』(テレビ朝日系)であり、2015年=32歳のとき。深田は本作をきっかけに“お嬢様”“不思議系”イメージを払拭し、役の幅を広げながら30代にして水着写真集にも立て続けに挑戦、そのどれもが大ヒットするという快挙を成し遂げた。それまでの「深田=ぶりっ子」のイメージから、「深キョン、30半ばなのにカワイイ」と同性からの人気を獲得するまでに至ったのである。

 ほかにも、長澤まさみ(31歳)は2017年の舞台『キャバレー』で、胸元を露わにした大胆衣装で歌姫役を熱演。やはり、30歳前後でこのような転換が話題になる女優たちは多いようである。

■色気演技とほぼ無縁の綾瀬、北川は結婚の影響も?

 そんな中、例外とも言えるのは、綾瀬はるか(33歳)かもしれない。2006年に『白夜行』(TBS系)で濃厚ベッドシーンを演じたものの、それはあくまで“少女設定”上のこと。『ホタルノヒカリ』、『今日会社休みます』(ともに日本テレビ系)などの恋愛モノにも多く主演しているが、明確な濡れ場は皆無。前クールの『義母と娘のブルース』(TBS系)では初の母親役を演じるも、竹野内豊とのお色気シーンは影も形もなかった。ただ綾瀬の場合は、ベタな女っぽさというよりは、いくつになっても変わらない明るさや可愛らしさ、朗らかな人柄が知られているだけに、むしろ“義母”という異色の役柄がウリとなったようだ。『精霊の守り人』(NHK総合)では体を張ったアクションシーンも見せるなど、違う意味で役の幅を広げているので、このまま年を重ねていけば“明るいお母さん”役などにもすんなりと移行できるように思われる。

 また、北川景子(32歳)にも意外とお色気場面は見られない。現在放映中の映画『スマホを落としただけなのに』では、ベッドに腰掛ける写真が公開されてはいるが、とくにテレビでそういった場面は見られない。29歳で結婚した北川は同世代女優の中では“早婚”とも言え、そのあたりの影響も考えられる。

■30歳を超えて求められる“幅”、女優としての価値を問われる今後

 30歳を超えたとはいえ、上記に挙げた誰もが年を感じさせず、美しくかわいらしい女優ばかり。だが、これから年齢を重ねていくにつれて“清純派”だけではいられず、役の幅を広げる必要があるのも事実だ。この展開は以前からもあるし、現在においても有効かつ自然な話ということなのだろう。CMで主婦姿・エプロン姿を見せているのも、ドラマや映画の役とは違った戦略のひとつなのかもしれない。

 もちろん色気だけが演技力の指標ではないが、ある意味でわかりやすい挑戦であり、覚悟を見せるイニシエーションともいえる。これからの役柄がお色気路線になるわけではないだろうが、今回リアリティのある女性を演じたことは、彼女たちにとっても一つの転機になったのではないだろうか。女優としての価値を問われる今後。人気女優ならではの30歳の壁を乗り越え、どんな進化を見せてくれるか楽しみだ。

 

下着のHP:

https://www.qoo10.jp/shop/c906138

「震」に始まり「北」まで 過去23年分の「今年の漢字」

 日本漢字能力検定協会が1995年から2017年までに発表した「今年の漢字」と、その年の主な出来事は次の通り。

 

この記事ヤフで取りました:

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00000011-kyt-soci


1995年 「震」 阪神・淡路大震災オウム真理教事件など
1996年 「食」 O157食中毒や狂牛病の発生など
1997年 「倒」 金融機関や証券会社の経営破綻が続出など
1998年 「毒」 和歌山毒カレー事件ダイオキシンの問題など
1999年 「末」 世紀末。東海村東海村JCO臨界事故など
2000年 「金」 シドニー五輪で日本人選手の金メダル獲得など
2001年 「戦」 米同時多発テロアフガニスタン戦争など
2002年 「帰」 北朝鮮拉致被害者5人の帰国など
2003年 「虎」 阪神タイガースの18年ぶりリーグ優勝など
2004年 「災」 台風23号被害や新潟県中越地震など
2005年 「愛」 紀宮清子さまご成婚、「愛・地球博」の開催など
2006年 「命」 悠仁さま誕生、いじめによる子どもの自殺など
2007年 「偽」 食品業界や政界などで多くの虚偽行為が発覚
2008年 「変」 日米の政界における変化や世界的な金融危機など
2009年 「新」 日本の政権交代オバマ米大統領の誕生など

下着のHP:https://www.qoo10.jp/shop/c906138
2010年 「暑」 記録的な猛暑で熱中症になる人が続出など
2011年 「絆」 東日本大震災ソーシャルメディアの流行など
2012年 「金」 ロンドン五輪で日本が最多メダル数、金環日食など
2013年 「輪」 2020年の東京五輪パラリンピック開催決定など
2014年 「税」 消費税率の17年ぶり引き上げなど
2015年 「安」 安全保障関連法の成立や世界でテロ事件多発など
2016年 「金」 リオ五輪で日本人選手の金メダルラッシュなど
2017年 「北」 北朝鮮によるミサイル発射や九州北部豪雨など

 

下着のHP:

www.qoo10.jp

羽生結弦、高橋大輔の復活でフィギュア界での「特別扱い」に異論

 
今季のグランプリ(GP)ファイナルを欠場した絶対王者羽生結弦。11月のGPロシア杯で負傷した右足首は、回復までにかなりの時間を要する。
羽生結弦、高橋大輔の復活でフィギュア界での「特別扱い」に異論

 


【この記事のすべての写真を見る】

「GPロシア杯で優勝したものの、松葉杖で表彰台に立った姿は痛々しいばかりでした。11月29日に発表された診断結果は、右足関節外側靱帯損傷など、負傷した日から3週間の安静と、約1か月のリハビリ加療が必要というものでした」(スポーツ紙記者)

 12月21日から始まる全日本選手権はリハビリ期間と重なり、欠場が濃厚だ。

「来年3月、男子は3名が出場できる世界選手権の選考を兼ねた大会とはいえ、昨年と同じ箇所を痛め、ケガをしやすい状況だけにリスクを負ってまでの強行出場は考えにくいですね」(同・スポーツ紙記者)

 また、羽生が'17年、'18年の全日本選手権に欠場しながらも、特例で出場していることも3年連続の辞退予測につながっている。

「一昨年はインフルエンザで、昨年は右足首のケガで全日本を欠場しましたが、金メダリストという絶対的な実績から、世界選手権とオリンピックの代表に決まった。

 今回も選考条件に特例は含まれていて、すでに、橋本聖子会長が11月19日に行われた理事会後に“本人がいちばんいいようにできる環境を整えるだけ”と話し、伊東秀仁フィギュア委員長も、“出なければそのときに考える。

 ただ世界選手権を目指してやってほしい”と、世界王者への絶対的な信頼と全面的なバックアップを示唆していました」(フィギュア専門誌デスク)

 しかし、ここにきて特例での世界選手権出場に対して、スケート連盟内から異論が出ているという。

「今季の世界選手権は埼玉県で開催されるため、羽生選手本人もかなりの意気込みで楽しみにしていることはわかりますが、今季は休んだほうがいいのではないかという意見です。シーズン前のオーサーコーチも“今季は休養して、しっかりと右足首を治してほしい”と言っていましたからね」(スケート連盟関係者)

 昨年まで羽生の専属トレーナーとして2度のオリンピックにも帯同していた、整体師の菊池晃氏も心配するひとりで、

「見てますよ。もう、心配でしかたないです。(私は)年が年なもんで、オリンピックを最後に(トレーナーを)卒業したんですが……」

 特例扱いへの異論が出た背景は、羽生の身体のケアに対してばかりではなかった。

 

下着のHP:Qoo10 – 「TARNAL」のショップページです。 

 

高橋大輔の復帰も影響

「昨季はオリンピックイヤーであり、羽生選手の連覇がかかっていたので異論なんてありませんでしたが、今季は“3年連続の特別扱いはどうなのか”“将来有望な若手に世界の舞台を経験させたり、ラストチャンスに賭けるベテランや、調子のいい選手に1枠を使うべきではないか”という意見が聞こえてきています」(同・スケート連盟関係者)

 その声は、中京地区や関西地区を中心としたフィギュア関係者の中であがっているという。

「やはり、高橋大輔選手が4年ぶりに復帰したことが大きいでしょう。彼は1年限りの復帰ですし、日本のフィギュア界を牽引してきただけに、日本で行われる世界選手権の舞台で華麗なステップと優雅な舞を演じさせてあげたい。そんな関係者たちの浪花節のような気持ちの表れなのかもしれませんが……」(同・スケート連盟関係者)

 現在の実力となると、

「オリンピックメダリストの羽生選手と宇野昌磨選手が抜きん出ています。あとの1枠を昨年の世界選手権に出場した田中刑事選手と新鋭の友野一希選手が争う形になるでしょうね。そこに高橋選手がどこまで食い込んでくるのか、楽しみにしているファンは多い」(前出・スポーツ紙記者)

 高橋といえば'10年のバンクーバー五輪で銅メダルを獲得。日本男子で初のメダリストに輝いた。同時に'10年世界選手権を初制覇するなど、男子フィギュア界のレジェンド的存在だ。

「'14年に現役を引退し、アイスショーやテレビ解説者として活躍していましたが、今年7月に現役復帰を表明。復帰初戦となった近畿選手権こそ、ミスを連発し3位でしたが、11月上旬に行われた西日本選手権で友野選手を破って優勝するなど、全盛期のころに確実に近づいてきました。

 今回は復帰3戦目ですし、さらに調子を上げてきているので、トップ3に食い込む力は十分にありますよ」(前出・フィギュア専門誌デスク)

 絶対王者の羽生と元世界王者の高橋の知らないところで、フィギュア界を二分する思いがけない論争が勃発していた─。

 

下着のHP:Qoo10 – 「TARNAL」のショップページです。 

初霜と初氷を観測 この冬一番の冷え込みに

この記事ヤフでとりました:

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00010000-mietvv-l24

 

   11日の三重県内は、この冬一番の冷え込みとなりました。

 津市では、初霜と初氷が観測されました。

 最低気温は、松阪市粥見でマイナス2.5度、伊賀市上野でマイナス2.3度など、最も寒い時期を下回る気温となり、この冬一番の寒い朝でした。

 このほか、四日市市亀山市でも今シーズン初めて最低気温が0度未満の冬日となりました。

 そして津市では、初霜と初氷を観測しました。

 初霜は平年より9日、去年より4日遅く、初氷は平年より2日、去年より4日遅い観測となりました。

 

下着のHP:

www.qoo10.jp

ソフトバンク、エヌビディア株を来年売却する計画-関係者

ソフトバンクグループは米半導体メーカー、エヌビディアの株価が下落し続けているため、来年の早い時期にも保有する同社株を売却する計画だ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

 

この記事はヤフでとりました:

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-56536135-bloom_st-bus_all

 

事情が非公開として匿名を条件に語った関係者によると、ソフトバンクはこの取引で約30億ドル(約3400億円)の利益を得る可能性がある。最終決定には至っておらず、ソフトバンクは持ち株を維持するか、売却を一部にとどめることを選択する可能性もあるという。

ソフトバンクの担当者、およびエヌビディアの担当者はコメントを控えた。 


下着のHP:Qoo10 – 「TARNAL」のショップページです。 

 

ソフトバンクはエヌビディア株を保有しているが、投資家が持ち株を積み増しながら株価の下落をヘッジできる、いわゆる「カラー取引」を行っている。

米中貿易摩擦のほか半導体メーカーの需要や成長見通しの悪化で、エヌビディア株は10月のピークから48%下落している。関係者によれば、株価急落でソフトバンクは持ち株を手放す方向に傾いたという。

ソフトバンクは2017年前半にエヌビディア株の保有を30億ドルに積み上げ、4位株主となった。持ち株は後にソフトバンクの巨大テクノロジー投資ファンドビジョン・ファンド」に移管された。

 

下着のHP:Qoo10 – 「TARNAL」のショップページです。

木村拓哉&二宮和也『検察側の罪人』熱演の裏側を明かす

木村拓哉二宮和也が初共演を果たした映画『検察側の罪人』のBlu-ray&DVD豪華版に収録されるビジュアルコメンタリーの一部が公開された。

 

木村拓哉が舞台裏を明かす『検察側の罪人』ビジュアルコメンタリー(一部)

 

この記事はヤフで取りました:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00000014-flix-movi

 

同作は、映画化もされた「犯人に告ぐ」などで知られる雫井脩介の小説を原田眞人監督が実写化した社会派ミステリー。木村と二宮が殺人事件の捜査をめぐって対立していくエリート検事と新米検事役を担った。今回公開された映像は、ビジュアルコメンタリー収録が初体験であることを告白した木村が、自身の演じる最上が被害者家族と会うシーンについて解説をしているもの。

 

緊張感たっぷりなこの場面の撮影場所が営業を停止しているボーリング場であったことを明かした木村。関東地方が猛暑に見舞われるなか、日本最高気温を計測している熊谷市での撮影ということで「あ、もう終わったな」とひどい暑さになると予測していたという。しかし、予想とは異なる思わぬ幸運があったことを明かして、二宮を笑わせている。

 

ビジュアルコメンタリーには、ほかにも正義をめぐって苦悩する検事を演じた木村と二宮がそれぞれのシーンにどのように挑んだのか、そして原田監督とともに作り上げた数々の名場面の裏話なども語られている。

 

木村拓哉&二宮和也『検察側の罪人』熱演の裏側を明かす

 

『検察側の罪人』Blu-ray 豪華版 外箱 - (C) 2018 TOHO/JStorm

 

また、Blu-ray&DVD豪華版には、撮影の裏側に迫ったメイキング映像やイベント映像集なども収録されるほか、特典としてブックレットも封入されているとのこと。(編集部・大内啓輔)

映画『検察側の罪人Blu-ray(豪華版7,800円+税)、DVD(豪華版6,800円/通常3,800円+税)は2019年2月20日より発売(発売元:ジェイ・ストーム/販売元:東宝

 

下着のHP:https://www.qoo10.jp/shop/c906138