【特集】“山奥ニート”の生活 限界集落に移住した若者たち

和歌山県田辺市の山奥で共同生活をする若者たちがいます。彼らはかつて引きこもりだったり社会になじめなかったり、様々な事情を抱え田舎暮らしに居場所を見出そうとしています。自称「山奥ニート」という若者たちの生活とは?

この記事はヤフで取りました:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-10000001-mbsnews-l27&p=1

廃校となった小学校が住居

ボードゲームに熱中する若者たち。部屋ではテレビゲームをしたりギターに没頭する人がいたりと、それぞれが自由気ままに過ごしています。

「6月の初めに来ました。ずっとか、飽きるまでいるつもり」(女性)
「仕事でトラブルがあって、すごく時間ができたので来た。本当にこんな感じで誰からともなくリビングに集まってゲームしたい人がいれば声をかけて、やりたい人が集まってやってる」(女性・35歳)

和歌山県田辺市の山間部にある五味地区。廃校となった小学校の校舎が彼らの住居です。引きこもりの人を支援するNPO法人が運営する場所で、現在は10代から30代の男女17人が生活しています。1か月に1人1万8000円を集めて食費や光熱費を賄っていて、住人らはお金が足りなくなればキャンプ場や旅館でアルバイトをしています。

“集落内でひきこもる”感覚

石井新さん(29)。4年前からここで生活しています。

Q.(調理が)慣れた感じですね?
ニートたるもの料理はできないとね」(石井さん)

この日の昼ごはんは、素麺を使ったオリジナルまぜそば。食事のタイミングも人それぞれ、自由です。食べ終わった食器は自分で洗うことだけがここでの唯一のルールです。

Q.きょうの予定は?
「きょうはどうしましょう。あんまりないです」(石井さん)
Q.石井さんって何なんですか?
「僕は山奥ニートです。山奥でニートしています」

石井さんは、関東で大学生活を送っていたころからひきこもりとなりました。ネットでここの存在を知り、大学を辞めて移住することを決意しました。

「気持ち的にはずっと引きこもり。ここに来るまでは自分の部屋で引きこもっていたのが、ちょっと広がって集落内で引きこもってる感覚。これよりいい道は見つからなかった。毎日めちゃくちゃ楽しいですよ。1人じゃないのはいいことですよ」(石井さん)

下着のHP:https://www.qoo10.jp/shop/c906138

集落の地元住人はわずか7人

この日、石井さんは近所の畑に来ていました。住人らでナスやシシトウを育てているのです。畑は地元の人が無償で貸してくれました。

「まだまだ生かせてないんです。やる気のあるニートが来るといいのですが…」

地元は彼らを歓迎しています。集落には地元住民はわずか7人しかいません。平均年齢も82歳と高齢化しているため、若い力が頼られています。

「ここは限界集落なので若い人が来てくれると心丈夫。草刈りをお願いしたり、困ったことがあると手伝ってもらっている」(地元の人・76歳)

ここにやってくる若者も年々増えています。

Q.ここで寝てる?
「そうですよ。台所なんですけど僕の部屋になっています」(男性・24歳)

台所を部屋代わりにする人がいたりと、いまは16ある部屋がすべて埋まっています。

「社会になじめず」からの気持ちの変化

夕暮れ。晩ご飯の準備が始まりました。食事はその日に作りたい人が全員分を作ります。食べるタイミングも場所も人それぞれ。誰にも縛られることはありません。

「一番安いんですよ、クッキーは自分で作った方が。ある程度おいしいのを量産できるように研究しています」(田中さん:仮名・22歳)

2年前からここで生活する田中さん。田中さんが愛用するのは、段ボール箱で作ったスリッパ。

「これ(スリッパ)、山奥ニート感がでてません?これぞニートって感じ。ティンバーランドって書いてて、もう片方も書いてたんですけど消えちゃいましたね、いつの間にやら」(田中さん)

田中さんも社会になじめずに逃げ出した過去があります。高校を卒業後、静岡県にある工場で働いていましたが、職場の環境が合わず、ここにやってきました。

「プレッシャーを感じて、親に見せる顔がないなと思ってここに来ました。親や会社、世間体とかがめんどくさくて逃げてきた」(田中さん)

“社会に居場所はない”、逃げ込んだあの時からここで生活するうち気持ちの変化が芽生え始めました。

「あの頃は仕事が普通にできる人間だと思ってたけど、今はできない人間だということがわかった。前よりは少し気楽かもしれません、社会になじめないことを自分でわかっているので。今は人生の最後の夏休み。あとは死ぬまで働くだけかなと思っています」(田中さん)

もう一度、社会復帰したいと思うようになったのです。田中さんは来年、ここを出て仕事することを決めました。

自分らしさを取り戻す居場所

社会になじめなかったり、思うような人生を歩めなかったり。そんな彼らにとって、ここは自分らしさを取り戻す大切な居場所になっています。

「ここにいると楽しいことを共有できる人がいるので、それはすごく贅沢ですね。豊かだと思う」(石井新さん)
Q.この生き方は必要?
「必要な人もいると思います。バリバリ働きたい人は働けばいいけど、全員が全員働けるわけではない。そういう人の居場所は必要だと思う」

大阪・西成のパチンコ店で薬品まかれる? 男が逃走

 17日午後8時40分ごろ、大阪市西成区玉出中2丁目のパチンコ店「123玉出店」で、薬品のようなものがまかれたと男性従業員から110番通報があった。大阪府警や市消防局によると男女約30人が目などに痛みを訴えて手当てを受け、12人が病院へ搬送された。いずれも軽症だという。

【写真】パチンコ店の周囲には規制線がはられ、入り口付近で警察官らが現場を調べていた=2018年8月17日午後10時27分、大阪市西成区 
この記事はヤフで取りました:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00000118-asahi-soci
 西成署によると、店内で男が薬品のようなものをまいて逃走した、と男性従業員は説明している。男性2人がけんかをしており、1人がスプレーをまいているような防犯カメラ映像もあるという。署は傷害事件の可能性があるとみて男の行方を追っている。

 現場は大阪メトロ玉出駅の北約200メートルの国道26号沿い。午後9時過ぎに店の前を通りかかった男性会社員(20)は、担架にのせられた人が店から外に運び出されるところを目撃した。「10人以上いた。みんなグタッとした様子だった」と話す。

 店の1階にいた男性会社員(42)は午後9時過ぎ、店外に出るよう消防署員に促された。「薬品がまかれたと言っていた。今思えば、その10分ほど前からのどに痛みを感じた。異臭は感じなかった」と話す。

下着のHP:https://www.qoo10.jp/shop/c906138

【病院中毒死】3人目の患者殺害容疑 元看護師を再逮捕へ

横浜市神奈川区の旧大口病院(現・横浜はじめ病院)で2016年9月に起きた点滴殺人事件で、殺人容疑で逮捕、送検された同院の元看護師久保木愛弓容疑者(31)が別の入院患者の女性=当時(78)=を殺害した疑いが強まったとして、神奈川県警神奈川署特別捜査本部が18日にも、同容疑で再逮捕する方針を固めたことが17日、捜査関係者への取材で分かった。殺人容疑での逮捕は3回目。同容疑者は、女性殺害について関与を認めているという。
この記事はヤフで取りました:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00028666-kana-l14
 捜査関係者によると、女性は転倒による足のけがで16年9月に同院に入院。容体が急変して間もなく、同16日午後1時40分ごろに死亡が確認された。同容疑者は、勤務日だった同15日に女性に投与予定だった未使用の点滴袋に消毒液を混入し、殺害した疑いが持たれている。同容疑者は同日午後に退勤したといい、点滴袋は事情を知らない別の看護師が交換したという。

 女性は、医師により病死と判断され、遺体は一連の事件の発覚前に火葬された。しかし、特捜本部は死亡の経緯に不自然な点があるなどとして捜査。保管されていた女性の血液を鑑定した結果、消毒液に含まれる殺菌作用の強い界面活性剤の成分が検出されたことから、事件の可能性が浮上した。

 同容疑者は7月に、入院していた88歳の男性患者2人に対する殺人容疑で逮捕、送検された。特捜本部の調べに対し、2人の殺害を認め、他にも複数の患者の体内に消毒液を混入させたことをほのめかしたことから、特捜本部が捜査を進めていた。同院に入院していた別の男性=同(89)=の遺体からも界面剤の成分が検出されており、特捜本部が関連を調べている。

 同容疑者は動機を「患者の死亡について遺族に説明するのが不安だった」などと供述。特捜本部は、同容疑者が遺族への説明を避けるため、自身の勤務時間外に患者を死亡させる目的があったとみている。

下着のHP:https://www.qoo10.jp/shop/c906138

大学中退する人も…スマホに依存「ゲーム障害」とは ネットの遮断、かえって悪化も

スマートフォンのゲームなどに過度に依存する「ゲーム障害」が、世界保健機関(WHO)の新たな疾病として追加された。厚生労働省研究班の2013年の推計では成人約421万人、中高生約52万人がゲームなどのネット依存の恐れがあるという。ゲーム障害とはどんな病気で、どう向き合えばいいのだろうか。
この記事はヤフで取りました:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00010001-nishinpc-sci&p=2
⇒【画像】「朝起きられない」「食事をとらない」…ゲーム障害の患者に起きる問題

 福岡県の男性(24)はスマホのゲームや動画に依存し、大学医学部を退学した。授業についていけなくなり、休んだ罪悪感から逃げるようにゲームや動画閲覧、SNSに没頭した。時間を忘れて熱中し、朝に起きられなくなる。ついに玄関から出られなくなった。留年して退学となった後、就職したが同じ状態に。「授業が分からない、というプレッシャーから解放されてスマホに逃げる理由はもうないのに、やめられなかった。ここで変わらなきゃまずい、と思いました」

 親の仲介で1月に訪れたのが依存症のリハビリ施設「ジャパンマック福岡」(福岡市博多区)。障害者総合支援法に基づき、アルコール依存症ギャンブル依存症などの人に生活訓練や就労移行支援をしている所だ。男性は医療機関にも通いながら、この施設でスマホから離れ、「なぜ依存するほどスマホに逃げなければならなかったのか」と自分を見つめ直している。

 岡田昌之・統括施設長は「依存症は脳の病気。『しっかり自覚すれば治るはず』と家族や本人だけで抱え込まず、相談することが大事」と語り、WHOの疾患認定を「家族も当事者も受け入れやすくなる」と歓迎する。

      *

 少年の立ち直りを支援する福岡県警「福岡少年サポートセンター」(同市中央区)にもゲーム依存の子どもの相談が舞い込む。少年育成指導官の堀井智帆係長によると、相談のきっかけは家庭内暴力が多い。スマホを取り上げ、子どもが暴れるといったケースだ。

 まずは子どもや家族と関わり、生い立ちや家族関係などから原因を探るという。堀井係長は「かつての非行少年は家を抜け出して逃げ場を探していたが、今はスマホを逃げ場にしている。怒ったり諭したりするのは逆効果になりがちで、逃避の理由をまず把握することが大切」と話している。

下着のHP:https://www.qoo10.jp/shop/c906138

自ら行動起こすよう支援

 ネット依存外来を2011年、国内で初めて開設した国立病院機構久里浜医療センター(神奈川県横須賀市)の専門医、樋口進院長に話を聞いた。

 長時間ゲームをする人が病気というわけではありません。ゲームをやりすぎることで人間関係や仕事などに大きな問題が起きている場合、ゲーム障害(ゲーム依存症)と診断される可能性が高くなります。ネット外来の年間1500人の受診者のうち、9割がゲーム依存症です。

 依存症は、本人の意志の問題ではなく、治療が必要な病気です。依存が進むと脳の機能が低下し、衝動のコントロールが困難になったり、多幸感を感じにくくなったりして、よりゲームにのめり込んでいきます。引きこもりや食事を取らないことによる体力低下、栄養失調、骨がもろくなる人もいます。

 ネット外来の初診患者は昨年、未成年が7割を占めました。発育段階にある子どもの脳は理性の働きが弱く、ゲームの刺激を受けやすいため、依存状態に陥りやすく、回復にも時間がかかります。本人は自覚しにくいので、家族や友人が異変に気づいて治療へ向けて動くことが重要です。

 突然ゲームを取り上げたり、ネットを遮断したりすることでは回復は望めず、かえって悪化することもあります。本人が自分の意思で行動を変えていくように支援することが大切です。家族全員で「オフライン」にする時間をつくったり、習い事や塾、アルバイトなどで興味の対象を外へ移すことなどが有効でしょう。

 治療について相談できる医療機関は全国に40カ所ほどしかなく、専門医も少ないのが現状です。今回のWHOの認定で、実態把握や治療方法の確立につながることを期待しています。

クリケットの元スター選手、首相就任へ パキスタン

パキスタン下院は17日、7月の総選挙で勝利した正義運動(PTI)のイムラン・カーン党首(65)を新首相に選んだ。名望家や軍人が政治を動かしてきた同国で、実務経験のない元スポーツ選手のカーン氏の手腕に注目が集まっている。

【写真】イムラン・カーン氏=AP
この記事はヤフで取りました:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00000113-asahi-int
 18日に宣誓をして首相に就任する。野党第2党だった正義運動のカーン氏は、与党の汚職体質を批判して支持を広げ、単独過半数には届かなかったものの、第1党に躍進。17日の下院(定数342)の首相指名投票で少数政党や無所属議員らの協力を得て176票を集めた。カーン氏は選出後の演説で「過去の不正を追及し、改革をもたらすことを約束する」と述べた。

 カーン氏は、パキスタンで人気の高いクリケットの元スター選手。汚職の撲滅や教育・福祉の改善など総花的な公約を掲げているが、まずは貿易赤字国営企業の累積債務など経済の立て直しが急務だ。

 カーン氏は今のところ、政治に強い影響力を持つ軍部と良好な関係を保っている。軍部は対外的に強硬な姿勢を貫いていて、隣国インドやアフガニスタン、同国を支援する米国とのあつれきが増している。カーン氏と軍部との近い関係が、外交の足かせになるおそれがある。(クアラルンプール=乗京真知)

下着のHP:https://www.qoo10.jp/shop/c906138

トルコの信用格付けを相次ぎ格下げ、S&Pは「B+」に

イスタンブール 17日 ロイター] - S&Pグローバル・レーティングは17日、トルコの信用格付けを投機的(ジャンク)等級の「BBマイナス」から1段階引き下げ「Bプラス」とした。見通しは「安定的」で据え置いた。トルコリラの相場変動が非常に大きく、来年の景気後退が予想されると指摘した。 
この記事はヤフで取りました:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000012-reut-asia
格下げの理由については、「トルコリラの非常に大きなボラティリティーや、それを受けてかなりの支払い調整が予想されることで、トルコ経済が弱体化するとみられる」と指摘した。

また、インフレ率が今後4カ月で22%に上るとし、リラ安が負債を抱える企業に重しとなり、国内銀行の融資リスクも増大するとした。

格付け会社ムーディーズも同日、トルコの長期発行体格付けを「Ba2」から「Ba3」に引き下げ、格付け見通しを「ネガティブ」に変更した。ムーディーズは、トルコの公的機関の弱体化が継続しており、これに関連して政策策定の予見可能性が低下していることを格下げの理由として挙げた。

*情報を追加しました。

下着のHP:https://www.qoo10.jp/shop/c906138

文化財298件が不明 所有者死去・転居など追い切れず

国や都道府県が文化財に指定した美術工芸品が相次いで散逸している。国などへの取材では、計約2万件余のうち、少なくとも298件の所在がわからない。所有者の死去や転居、売却などの際に届けられず、行政が追いきれていない。全件を追跡調査したところ、今年に入り、大量に所在不明が判明した県もある。
この記事はヤフで取りました:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000003-asahi-soci
【写真】盗まれて今も所在がわからない国の重要文化財

 国宝・重要文化財の散逸が社会問題化したのを受け、文化庁は2013年に初めて全件を調査。以来続けており、所在不明は今年6月現在で147件(うち国宝2件)。

 47都道府県の指定文化財について取材した結果、26都道県で151件が所在不明だった。栃木県52件、静岡県22件、山形県15件などが多かった。足尾銅山鉱毒事件を追及した田中正造の墨跡(ぼくせき、栃木県)は個人が所有していたが、相続を重ねるうちになくなっていた。江戸後期の画家・渡辺崋山松尾芭蕉の俳句を称賛した俳画山形県)など、著名人ゆかりのものも多い。

 所在不明298件の中には盗難が58件(重文28件、都道県指定30件)あり、寺社の被害が目立つ。残る240件は9割が個人所有だ。理由は所有者の死去86件、転居72件、売却29件などで、種別では刀剣が133件と半数を超える。文化庁美術学芸課の担当者は「愛好家の需要も大きく、売買されやすい」と話す。

下着のHP:https://www.qoo10.jp/shop/c906138